重要なお知らせ台風19号の影響による災害のお見舞いとお知らせ
重要なお知らせ即位の礼期間中に伴う交通規制による配送遅延について

トップ > 2019年 おすすめシュレッダーを厳選!

  • 【セール中】電動シュレッダー 60分連続 20枚細断 A4 クロスカット ホッチキス/CD/DVD/カード対応
  • 【セール中】業務用シュレッダー 20枚細断 ホッチキス対応 クロスカット A4 電動 30分連続 40Lダストボックス カード細断対応
  • アイリスオーヤマ オートフィードシュレッダー 100枚自動給紙 クロスカット 連続使用10分 AFS100C
  • アイリスオーヤマ オートフィードシュレッダー AFS-150C-H(電動・A4・クロスカット・150枚自動給紙・ホッチキス/CD/DVD/カード対応)
  • 【セール中】電動シュレッダー(ホッチキス対応・家庭用・クロスカット・A4・小型・6枚細断・ブラック)
  • 【セール中】電動シュレッダー(業務用・家庭用・クロスカット・18枚細断・連続20分使用・CD/DVD対応・ホッチキス対応)
  • 電動シュレッダー(業務用・クロスカット・オートフィード細断300枚・手差し細断12枚・連続使用45分)
  • 【セール中】小型電動シュレッダー(家庭用・マイクロクロスカット・静音・A4・連続使用8分)

2019年最新版 シュレッダーの選び方とおすすめ

シュレッダーを選ぶにしても価格もピンキリで種類も沢山。「正直どれを選んでいいのかわからない・・・」そんな方も多いのではないでしょうか。この記事ではシュレッダーを選ぶ際のポイントとそれを踏まえた上でのおすすめシュレッダーをご紹介します。あなたにぴったりのシュレッダーを見つけましょう。

目次

ハンドシュレッダーと電動シュレッダー、どちらがいい?

シュレッダーには「電動シュレッダー」と「ハンドシュレッダー」の2種類があります。電動シュレッダーは紙を入れると自動で紙を送り込んで細断し、ハンドシュレッダーはハンドルを回して紙を手動で送り込みます。ここではそれぞれのシュレッダーのメリット、デメリットをご紹介します。

ハンドシュレッダーの画像

ハンドシュレッダーのメリット/デメリット

メリット

  • 電源を必要としない。どこでも使える
  • モーター音がしないため、静か
  • 比較的軽量
  • 安い

デメリット

  • 電動式と比べると処理速度が落ちる=大量処理に向かない
  • たくさん処理しようとすると、体力をつかう

電動シュレッダーの画像

電動シュレッダーのメリット/デメリット

メリット

  • 処理能力が高い
  • 種類が多く、購入するときの選択肢が多い

デメリット

  • 電源がない場所で使用出来ない
    (※乾電池式を除く)
  • 連続使用時間を過ぎると、モーターを冷やす時間が必要

市場に出回っているシュレッダーは電動のものが大半です。業務用であれば、電動シュレッダー一択ですが、家庭で使用する場合、ハンドシュレッダーが有効な場面もあります。

ハンドシュレッダーが有効な場合

一度に2~3枚程度しか処理しない場合はハンドシュレッダーでも十分です。ハンドシュレッダーは机の上に置くことが出来る卓上サイズのため、机の上で明細書などを数枚処理するような方におすすめです。また電源を必要としないため、部屋間で持ち運んで使用したり、普段はしまっておき取り出してすぐに使うことが出来ます。

ハンドシュレッダーが有効な場合

  • 1回に処理する枚数が2~3枚程度と少量
  • 机の上で使いたい (軽量、小サイズ)
  • 普段はしまっておき、取り出してすぐに使いたい

ハンドシュレッダーのおすすめ

ここではハンドシュレッダーのおすすめ商品をご紹介します。A4サイズを細断出来る汎用的なものと設置場所を取らない小型サイズの2種類を選びました。

オンライン通販限定モデル SHD010
セキュリティ性の高いマイクロクロスカット

A4用紙をそのまま細断出来るハンドシュレッダーです。 細断くずが2×10mmサイズのマイクロクロスカット方式でセキュリティ性が高いのが特徴です。用紙以外にもCD/DVD、カードの細断にも対応しており、一通りなんでもこなせるのが最大のメリットです。

サンワサプライ PSD-12
A4用紙二つ折りのコンパクトサイズ

A5サイズ(A4用紙二つ折り)の細断に対応したハンドシュレッダーです。レシートなど細かな紙類の細断に限られますが、小さくコンパクトなシュレッダーが欲しいという方には小型サイズの本商品がおすすめです。

電動シュレッダーの選び方

ハンドシュレッダーで処理しきれない、もっと処理能力が欲しい場合は電動シュレッダーを選択することになります。
電動シュレッダーは非常に種類が多いため、ここでは電動シュレッダーを選ぶ基準をご紹介します。

シュレッダーの大きさに注目しよう

大型機種の方が一度にたくさんの紙を細断出来、ダストボックス(ゴミ箱)の容量も大きくなります。ダストボックスの容量が大きくなると、ゴミ捨ての回数が減るため、大型になればなるほど利便性は高くなります。

しかしながら、家庭で使用する場合、あまりに大きい機種を選択してしまうと設置や収納に困ることになります。そこで、おすすめしたいシュレッダーの選び方は「①予算→②大きさ→③欲しい処理能力」の順で選ぶこと。

シュレッダー購入の予算と部屋に置くことが出来る大きさは自然と決まってくると思いますので、この順番で選べば、機種選びに迷いにくくなります。また、大型機ほど基本的には価格が高くなりますので、②の大きさは①の予算を決めた段階である程度選択肢が決まってきます。

チェックポイント

  • ①予算→②大きさ→③欲しい処理能力の順で選ぶ
  • シュレッダーの大きさ
    →シュレッダーのサイズが大きくなると、設置するスペースが必要になる
  • ダストボックス(ゴミ箱)の容量
    →ダストボックスが大きければ大きいほど、ゴミ捨ての回数が減る

電動シュレッダーのおすすめ

価格別のおすすめシュレッダーについてはこちらのページで紹介しています。ご予算からシュレッダーを探す場合はこちらのページも参考にしてください。

オンライン通販限定モデル SHD030
ホッチキス対応の家庭用電動シュレッダー

ホッチキスを留めたままの細断に対応した家庭用のシュレッダー。価格も手頃で「家庭にとりあえず1台!」という方にオススメ。

オンライン通販限定モデル SHD025
机の上で使える電動シュレッダー

机の上に置くことが出来る卓上サイズの電動シュレッダー。細かく細断出来るマイクロクロスカットを採用しており、セキュリティ性もバッチリ。明細など機密性の高い書類を机で数枚処理するときにおすすめ。

オンライン通販限定モデル SHD024
ゴミを圧縮できるシュレッダー

上部のハンドルを押し込むことで細断くずを圧縮することが出来るシュレッダーです。ゴミ圧縮することで、ゴミ捨ての回数を減らすことが出来ます。

アイリスオーヤマ AFS100C
100枚まで自動細断可能なオートフィードシュレッダー

用紙をセットすると、自動的に紙を送り込み、100枚まで自動で細断を進めるシュレッダーです。用紙を置いた後はあとは待つだけ、という手軽さと価格も手頃なこともあり、最近売れています。オートフィードタイプを安く購入したい場合は本シュレッダーがオススメです。

オンライン通販限定モデル SHD021
60分連続使用可能な業務用シュレッダー

連続60分使用することが出来るシュレッダー。連続使用時間が短いシュレッダーだと、ある程度使用した後にモーターを冷やす時間が必要となり、作業時間ロスに繋がります。連続使用時間が60分あれば、そうそうオーバーヒートすることもないため、安心して使用することが出来ます。連続使用時間が長い機種を出来るだけ安く購入したい場合は本シュレッダーがオススメです。

オンライン通販限定モデル SHD054
大容量60Lで5万円を切る価格のシュレッダー

ダストボックスの容量が大きい大型のシュレッダーは高価なものが多いですが、このシュレッダーは60Lの容量でありながら5万円以内の価格に収まっています。大型機を出来るだけ安く購入されたい方にはオススメです。

オンライン通販限定モデル SHD051
A3用紙をそのまま細断出来る、A3対応の業務用シュレッダー

A3用紙を折り畳まずにそのまま細断出来るシュレッダーです。A3対応シュレッダーの中では最安クラス。ダストボックスの容量も60Lもあり、オフィスのメインの1台としても十分に使えるだけの性能を有しています。A3対応が必須条件で出来るだけ安い機種を購入したい場合は本シュレッダーがオススメです。

価格別のおすすめシュレッダーについてはこちらのページで紹介しています。ご予算からシュレッダーを探す場合はこちらのページも参考にしてください。

シュレッダー購入前の機能チェック項目

今までの内容でめぼしいシュレッダーはいくつか見つかりましたか? 気になるシュレッダーが見つかったら、最後にシュレッダーの機能がご自身の使用用途と合うかどうかを確認しましょう。購入前にチェックすべき項目は下記の通りです。

①セキュリティ性

細断サイズは文字の判読に大きく影響します。小さい文字や機密性の高い書類を処分する場合は「マイクロクロスカット」と呼ばれる種類の細断サイズを選びましょう。細断サイズの表記は幅×長さで表します。マイクロクロスカットの幅はだいたい2~3mm、奥行きは10~15mm程度です。

セキュリティ性をそこまで重視しないのであれば、「クロスカット」がおすすめです。クロスカットのシュレッダーは一番種類が多く、選択肢が豊富です。クロスカットの幅はだいたい3~5mm、奥行きが10mm~50mm程度です。マイクロクロスカットと比べると長さが長く、A4縦方向への可読性が若干残りますが、縦書きでなければ、大きな問題にはならないでしょう。

②シュレッダーの処理能力

シュレッダーの処理能力で確認すべきポイントは下記の仕様です。

  • 枚数
    一度に投入出来る紙の枚数です。多ければ多いほど一度に細断出来る紙の量が多くなるため、この細断枚数を重視してシュレッダーを選ばれる方も多いようです。
  • 速度
    細断の進む速度です。1分あたりに何mの紙を送り込むのかで表しています。1.5~2.5m程度の機種が多い印象です。業務用で細断速度が速い機種をお探しなら、4m以上のものを選択すると良いでしょう。
  • 連続使用時間
    シュレッダーはある程度使い続けるとモーターを冷やすための時間が必要になります。冷却に必要な時間はシュレッダーによりまちまちですが、家庭用で2~3分、業務用で15分~1時間程度です。連続で細断を続けることが出来る時間が連続使用時間です。連続使用時間が短いと待ち時間が発生するため、作業効率が低下します。

③ホッチキス対応

ホッチキスに対応していないシュレッダーを選択すると、留めた書類を細断前にバラす必要があります。ホッチキスでまとめた書類を細断することが多い方はホッチキス対応のシュレッダーを選びましょう。

④カード、CD・DVD対応

シュレッダーの中にはカード、CD、DVDを細断可能な機種もあります。カードなどメディア類の細断機能が必要であれば、忘れずにチェックしましょう。メディア類の細断は用紙とは別の投入口から細断するのが一般的です。そのため、用紙とメディア類の細断サイズはことなることに注意しましょう!(例:用紙4×10mm、メディア類4分割など)

⑤ゴミの捨て方(引き出し式/被せ型)

ダストボックスの開け方にも注意を払いましょう。5千円以下のシュレッダーはダストボックスの上に本体を被せるように載せるタイプもあり、このタイプの場合、ゴミ捨ての度にシュレッダー本体を持ち上げる必要があります。電動シュレッダーの本体は軽いものでもだいたい1kg以上ありますので、ゴミ捨ての度に手間が掛かります。出来れば、引き出し式のダストボックスを採用したシュレッダーを選ぶといいでしょう。

⑥キャスターの有無

意外と見落としがちなポイントがキャスターの有無です。 普段は奥にしまっておいて使うときだけ取り出すような使用用途の場合はキャスターがあると便利です。 ご使用環境に合わせてキャスターの付いているシュレッダーを選択しましょう。

【おまけ】シュレッダー売れ筋ランキング

シュレッダー市場では売れ筋ランキングも公開しています。どれにするか悩んだ場合はシュレッダーランキングも参考にしてください。このランキングはシュレッダー市場の販売実績を元に作成されています。

お買い物ガイド

ご注文方法

シュレッダー市場では下記の2つの方法でご注文を承っております。

1:ネット注文

ネットのご注文方法

当日出荷の受付 営業日15時まで

※当日出荷は在庫がある商品に限ります

※先払いのお支払い方法は15時までにご入金確認が取れた場合に限ります

2:FAX注文

FAXのご注文方法

当日出荷の受付 営業日14時まで

※当日出荷は在庫がある商品に限ります

FAX注文用紙のダウンロード

送料・手数料

送料、各種手数料は下記の通りです。

送料

全国一律 550円

2,000円以上のご注文で『送料無料』

※メーカー直送の一部商品を除きます

お支払い手数料

代金引換
330円

3,000円以上の
ご注文で無料

その他の方法
無料

領収書

PDF形式で発行が可能です。

領収書(オンライン発行)

マイページから宛名・但し書きを変更して、領収書を発行することが。発行される領収書はPDF形式です。

※商品をお受取いただいた後から発行が
 可能になります

※領収書はスマートフォンでは発行
 出来ません。PCのみとなります。

詳しくはこちら

商品サポート

2種類のお問い合わせ窓口がございます。

店舗サポートのアイコンがある商品

当店で不具合相談・交換を受け付けております。当店窓口までご連絡ください。

086-231-6311

メールでのお問い合わせはこちら

メーカーサポートのアイコンがある商品

メーカーにて不具合相談・交換を受け付けております。商品同梱の取扱い説明書、または該当商品ページに記載しておりますメーカーサポート窓口までご連絡ください。

シュレッダー市場はこんなお店です

『シュレッダー市場』はシュレッダーを専門に取り扱ったインターネット通販専門店です。
2009年6月から運営を始め、皆様に支えられながら今年で9年目を迎えました。
シュレッダーを「選びやすい」「買いやすい」をモットーに、わかりやすいページ作りを常に心掛けております。
ぜひとも当店でお客様に合ったシュレッダーを見つけてください。

シュレッダー市場ロゴ